シロアリ駆除白書【被害の状況と合わせて危険度をチェックする】

失敗するケース

一軒家

シロアリ駆除を行う際に気をつけなければいけないのが悪徳業者へ依頼してしまう事です。安い値段だけを武器に集客し、契約している業者に仕事を流します。サイト運営会社は、その紹介手数料で儲ける仕組みです。よくよく内容を見てみると、どんな業者が来て、どんなサービスをしてくれるかまで詳しく載っていないことが多いので、いざ工事をしてみると予想と違っていて期待外れの事があるようです。よく5年保証と謳っている業者があるのですが、1年後にシロアリが発生してしまうという事をよく聞きます。その場合、依頼した業者へ問い合わせすると再度サービスしてくれる業者もありますが、大手以外での業者では倒産する業者も多々あります。せっかく行ったシロアリ駆除もこうなっては元も子もありません。長い期間、営業を行っている信頼できる業者を選択しましょう。シロアリ駆除で天然薬剤とうたっている業者もあります。

安全だと思われがちですが、必ずしもそうではありません。天然系薬剤でも毒性があるからこそ殺虫できるのです。化学合成でも安全な薬剤はたくさんあります。 ただし、天然系薬剤の方が薬を生成するのに必要なエネルギーが少なくて済むため、環境に配慮したエコな薬剤であると言えます。シロアリ駆除を行う際に最も必要なのは、住まいの構造によって、薬剤を散布するために壁面や柱など木部に小さな穴を開ける場合がございます。不親切な業者の場合、必要以上の穴を開けてしまったり、キズが目立つ形で残ってしまったりといったトラブルをよく耳にします。被害の状態に応じて必要最小限の穿孔(穴開け)にとどめ、またその補修作業も可能な限り美観を損ねない丁寧な作業をお約束してくれる業者を選択するのが失敗しないシロアリ駆除ですね。